本文へ移動

耐圧性能点検報告について

■ 連結送水管・消防用ホース耐圧性能点検報告について

設置後一定期間を経過した「連結送水管」「屋内外消火栓等消防用ホース」は
その機能に支障が無いかを確認し 消防署長等へ報告する事が消防法で義務付けられています

1.連結送水管設備の耐圧性能点検(10年経過建物)

高層ビル等に設置される連結送水管は火災の際 消防隊が使用する設備です
いざという時に支障なく消火活動が出来るように 配管の誤接続・漏水・バルブのゆるみ・離脱・損傷等が
ないように 確実な事前チェックが義務付けられています

点検時期

設置後 10年を経過したものに付き
上記点検後 3年毎に実施

点検基準

 
 
 
 
  送水口から 動力消防ポンプ又は
  それと同等の試験を行うことができる機器を
  用いて送水した後
  締切静水圧を3分間かけて確認します

判断基準

  送水口本体・配管・接続部分・弁類等の変形 漏水等がないこと

2.消防用ホースの耐圧点検

消防用ホース(屋内消火栓・屋外消火栓設備・動力消防ポンプ積載・連結送水管格納箱設置)
に使用されています
※易操作性1号・2号消火栓ホースは除く

点検時期

設置(製造年月)後 10年を経過したもの
上記点検後 3年毎に実施
※ホースを新しく交換した場合は 取替え(製造年月)後 10年間は耐圧性能試験は免除となります

点検基準

耐圧試験機等により ホースの端末部を充水し 所定の水圧を5分間かけて確認します

判断基準

変形・損傷等がなく ホース及び金具との接続部から
著しい漏水がないこと
※著しい漏水とは、噴水状の漏水又は継続する滴下が生じる状態を目安にします
株式会社入谷商会
〒569-1036
大阪府高槻市塚脇3丁目5-2
TEL.072-687-4850
FAX.072-687-4857
●消防設備
●水道設備 
●LPガス設備
●リモデル事業部
 
2018年12月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2019年1月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  • 定休日
TOPへ戻る